短編小説集

ブックレビュー

【ブックレビュー】『断髪女中』近年再評価されている獅子文六の短編集、読んでみた

『断髪女中 獅子文六短篇集 モダンガール篇』獅子文六[著]山崎まどか[編]ちくま文庫 本の大まかな内容と感想 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b=...
ブックレビュー

【ブックレビュー】【文庫本おすすめ】『女が死ぬ』一度読んだらクセになる、ほどよいフェミニズム小説とは?

『女が死ぬ』松田青子[著]中公文庫 どんな本? おおまかな内容 少年型というだけで毛嫌いされるロボット、ある共通項をもつセクシー美女たちの懇親会、これからは「男性らしさ」の時代という世界……だれもが無意識に持っている違...
ブックレビュー

【ブックレビュー】『現代生活独習ノート』ストレス解消してくれるものは、身近にあると教えてくれる

『現代生活独習ノート』津村記久子[著]講談社 本の大まかな内容と感想 入社希望の学生のSNSチェックという業務のせいで、情報におぼれ、思考停止になってしまった主人公が、なぜかローカルテレビ番組にドハマり...
ブックレビュー

【ブックレビュー】『子供の領分』切れ味ある文章が心地いい。短編の名手の絶品短編集

『子供の領分』吉行淳之介[著]中公文庫 本の大まかな内容 若くてハンサムだと評判の父親と二人っきりで旅行に行くことになった少年のひと夏の物語や、当時、薬が開発されていなかった腸チフスに突然かかってしまい、隔離病棟へ入院すること...
ブックレビュー

『見上げれば星は天に満ちて 心に残る物語 日本文学秀作選 浅田次郎編』巨匠の隠れた名作短編小説に出会える、またとないチャンスです!【読書記録】

『見上げれば星は天に満ちて 心に残る物語 日本文学秀作選』浅田次郎編 文春文庫 本の大まかな内容 作家、浅田次郎が『心に残る物語』という基準で選んだ短編小説集。森鴎外で始まり小泉八雲で締めくくられる13編は、一度は読んだことが...
ブックレビュー

『日本文学秀作選 宮本輝編 魂がふるえるとき』名作家たちの隠れた名短編に出会える文庫本!【書評】

『心に残る物語 日本文学秀作選 魂がふるえるとき』宮本輝編 文春文庫 本の大まかな内容 作家・宮本輝が推し短編小説を16編セレクト。開高健から始まり、川端康成、幸田露伴、泉鏡花などなど、大作家がのこした隠れた名短編を集結させた...
ブックレビュー

【文庫本おすすめ】『晩年の子供』絶対に読んでおきたい短編小説集!

『晩年の子供』山田詠美[著]講談社文庫 本の大まかな内容 犬にかまれたのに、犬をかばってかまれたことを誰にも言わず、狂犬病で死ぬことを覚悟する女の子、運命に逆らわないことを決めて、悟ったように飄々と生きる女の子など、どこか少し...
スポンサーリンク