初めて猫と暮らしたいなら、メリットとデメリットを知ってから。経験者の実体験を書きました。

上下で片手を上げる猫 背景濃いピンク色のイラスト猫さん情報
この記事は、
初めて猫さんを飼ってみようと思ってらっしゃる方、
ペットを飼いたいけど、猫が候補の一つで迷ってらっしゃる方
に向けて、書いています。

「これから、猫を家族として迎えいれたいけど、初めてだから不安……」

確かに、「初めて」ってこわい。
しかも、生き物の命を預かることだから、慎重になってしまいますよね。

そんなときは、メリットとデメリットの両方を知ってから判断してみては?

わたし自身が猫さんと暮らしてきて、感じたことは、

「よかったこと」(メリット)
・癒される
・存在意義をくれる
・笑わせてくれる

などなど、精神面で大きな支えになること。

「つらかったこと」(デメリット)
・自分より早く年をとること
・お金がかかる
・トイレ以外の場所におしっこされる
などなど、精神面と経済面、衛生面に影響がありました。

わたしのおうち猫さん歴は、
・2年前に14才の女の子を天国に見送り、
・今は3才の男の子の猫さん2匹と暮らしています。
(みんな元保護猫です)
わたしが実際に経験したことを、くわしく書いています。
わたし
わたし

メリットとデメリットの両方を知って、猫さんと暮らすことへの迷いや不安を、なくすきっかけになれば、うれしいです。

Xserverドメイン

猫さんと暮らして「よかったこと」(メリット)

心の底から癒される

猫さんを見ているだけでも、心がなごみますが、やはり、ふれることができるのは、すごく大きいです。
あのふわふわでつやつやの毛並みをなでると、心底、平穏になります。
足や腕にすりすりされるもの、たまりません。
あの感触と体温を日常的に感じられるという状況は、ほかには代えがたい『幸せ』です。

わたしが猫さんを見送った直後は、彼女にさわりたくてなでたくて、しかたがありませんでした。我慢できず、何にもないところをなでるフリをして(『エアなでなで』と呼んでいました笑)、悲しい気持ちをおさえていました。
『猫さんをなでる』という行為に自分がどれほど救われていたのか、いなくなって痛いほど実感しました。

こういう喪失感も猫さんと暮らすことの中に含まれます。
『ペットロス』はよかったこととは言えないかもしれませんが、『命の限り』を教わりました。

存在意義をくれる

おうち猫さんは、飼い主が世話をしなければ、生きていけません。
『責任』が生まれます。
わたしはその『責任』を、『がんばるきっかけ』にしています。
「猫さんのごはん代のために、がんばって働こう」とか。
明日への活力になります。

「わたしはなんのために生きているんだろう?」なんて悩みはなくなります。
答えは「猫さんのために」で、解決してしまうからです✨

いい意味で、人生がシンプルになります。

猫二匹の後ろ姿の写真

笑わせてくれる

家事やテレビなど、何かに集中していて、ふと猫さんに目を移すと、お腹をだして寝っ転がっていたり、
さっきまで2匹で大げんかしていたのに、気づくとほっぺたつっくけ合って熟睡していたり✨✨

猫さんの行動は予想外で、本当に面白い!
日常に笑顔をたくさんくれます。

だからこそ、天国に旅立ってしまうとその悲しみは計り知れません。
その両方を、自分の中でしっかり受け止めることも大切です。

思いやりの気持ちが大きくなる

猫さんと暮らすと、ご飯を用意したり、トイレの片づけをしたり、時間を取られることがたくさんあります。
それでも、猫さんが心地よく過ごせるように、自分の時間を使って世話をし続けることで、気持ちに余裕みたいなものが生まれます。

その余裕が、おうちの猫さんだけでなく、動物全体、そして人間への親切心をも生んでいきます。
猫さんのお世話が、結果的に『思いやりのある人間』へと成長させてくれます。

これは特に、お子さんにとっていい影響になるのではないでしょうか。
自分より小さき弱いものの世話をするという、根本的な優しさを育てられるのが、猫を飼うこと、ペットを飼うことだといえます。

時間に限りがあることを教えてくれる

猫さんの年齢を、人間の年齢で表すと、
               猫さん6ヶ月 ⇒ 人間で10才
                  1才  ⇒    15才
                  2才  ⇒    24才
                  3才  ⇒    28才
                  5才  ⇒    36才
                 10才  ⇒    56才
                 15才  ⇒    60才
                           (2才以降は1年で4才プラス)

となります。改めて見ると、すごいスピードですね…。
今まで年下だと思ってきたのに、あっという間に追い越されてしまいます。

早く年をとってしまうからこそ、今いっしょに暮らせていることが奇跡のように感じます。

それは、猫さんだけでなく、家族や友だちとの時間も同じ。
一瞬一瞬を、大切にしようという気持ちが自然と沸きあがってきます。

猫さんは身をもって、時間の有限さを教えてくれます。

孤独じゃなくなる

家の中に『人以外の生命がいる』という環境は、安心感があり心強いです。
特に一人暮らしの方には、その存在は大きいのではないでしょうか。

一人暮らしの方に持ってほしい『家にペットがいますカード』

ペットと暮らす単身者の方の一番の心配は『自分に何かあった時のペットの世話』ではないでしょうか。
家に帰られない状況になったら、家にいるペットや猫さんはどうなるのか……。

そんなときにぜひ持っていてほしいのが、『家にペットがいますカード』です。

手づくりカードの写真
写真のカードは、手作りしてみました。                

クレジットカードの大きさに、おうちの猫さんの情報を書き込めるようになっていて、財布に入れておくことができます。

これを記入する時に、もしものときに一番にだれに連絡するのか、など、普段はなかなか考えられないでも、考えておかなくてはいけないことに向き合うので、心の準備にもなります。

通販もされていますが、無料でダウンロードできるサイトもありますので、ぜひ持っていてほしい必需品です。

猫さんと暮らして「つらかったこと」(デメリット)

病気や高齢で弱っていく姿を見ること

上記の『時間に限りがあることを教えてくれる』のところの猫さんの年齢表を見てもわかるように、猫さんは年をとるのが早い。気づくとシニア期になっています。

シニア期になると、病気になるリスクも高まり、看病や介護が必要となることもあります。

自分で行けていたトイレにも行けなくなり、おむつ姿になったりすると、胸がしめつけられるような気持ちになります。

わたし自身も、2カ月間猫さんの看病をしたことがあります。
最初は、弱っていく姿を見るたびに、暗い気持ちになっていたのですが、お医者さんから余命を告げられていたので、
『これは、お別れの時間をくれたんだ』
と、看病させてもらっているという気持ちでやっていました。
見送って2年たちますが、看病の時間はかけがえのないものだったと確信をもって言えます。

お金がかかる

病気にかかると、数万~十数万円(数十万のことも)と医療費がかかってしまいます。

飼う前に、そういう覚悟をきちんとするのが大切です。

わたしのおうち猫さんの場合は、治療費として20万円ほどかかりました。

日常的にも、ごはん代、トイレまわり(砂やチップ、シート)の費用が発生しますし、年に一度のワクチン5千円~7千円ほどもあります。
くわしくは、こちらの記事に書いています。『猫1匹飼うとランニングコストは、ひと月6270円!実際の費用を計算しました』

これらがクリアできる、という経済状況であることが大事です。

粗相されたり、洋服などのお気に入りを破られることもある

トイレのしつけができている猫さんでも、なぜか急に粗相してしまったりすることがあります。

うちの猫さんの場合は、布団におしっこするクセがなかなか治らず、ただいま奮闘中です笑。
布団におしっこされた件については、こちらの記事にあります。『布団におしっこをする猫さんの対策方法 経験者が実践してみました!』
その他、えもんかけにかけていたマフラーを、ビリビリに破られたこともありました💦
こういうことを繰り返して、置き場所に気をつけるようになるのでこちらも賢くなります笑。

おわりに

以上が、猫さんと一緒に暮らして「よかったこと」(メリット)「つらかったこと」(デメリット)でした。

わたしの個人的な体験から感じたものを中心に、必須事項も書かせていただきました。

飼う前から「こんなに大変なの?」と思われましたか?

正直、大変なことが多いです。

でも、それをはるかに超える『幸せ』がありますので、猫さんとの生活をぜひ始めていただきたいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

ほなまた。

コメント