初めての猫の多頭飼い 経験者が気づいた注意するポイントは、『相性』『トイレ』『比べないこと』

上下で片手を上げる猫 背景濃いピンク色のイラスト猫さん情報

こちらの記事は、こんな人たちに向けて書いています。

猫さんを、2匹飼いをしようと検討されている方
猫さんを、1匹から2匹に増やそうとされている方

猫さんを1匹だけ飼うときと複数を飼うときとでは、ぜんぜん違う期待や不安がふくらみます。

わたしの家でも、1匹で飼っていた猫さんを2年前に天国へ見送ったあと、今は2匹の猫さんを迎え入れています。

14年間1匹飼いをしていたわたしたちが、初めて2匹の猫さんと暮らしてみて、いろんな気づきや発見、喜びがありました。結論から先に書きますと、

うまくいくポイントは、
・もとから相性のいい2匹を選ぶこと
・トイレを各1つずつ用意したこと
・2匹を比較しないこと

でした。

くわしくは、このあとに書いています。

わたし
わたし

この記事が、2匹の猫さんとの暮らしをイメージしていただくきっかけとなったら、うれしいです。

Xserverドメイン

2匹の猫さんと暮らすための3つのポイント!

相性のいい2匹を選ぶ

これからの長い年月、おうちの中で2匹の猫さんが過ごすのですから、2匹の相性がとても大切になってきます。

比較的、もとから相性がいいのは、血縁関係がある猫さんです。

母と子、きょうだいになりますね。

子猫同士や、縄張り意識が低めのメスの2匹も、相性がいいです。

相性確認には、トライアル期間がある『保護猫』がおすすめ

保護猫とは、多頭飼い崩かいや飼育ほうき、野良では生きられない子猫など、人の手によって保護された猫さんのこと。

保護猫さんを受け入れるとき、『トライアル』という2週間~1か月のお試し期間があります。
実際に一緒に生活してみて、おうちとの相性や先住猫さんなどの相性を確認できます。

相性がわかってから、迎え入れることができるのが、保護猫の大きなメリットです。
猫さんとの生活を考えたとき、ぜひ保護猫さんも検討してみてください!

保護猫との出会い方は、保護されている方や保護猫の団体、譲渡会など、たくさんあります。

詳しくは、こちらの記事にあります。『保護猫を飼いたい方、必読! 出会いから迎え入れるまでの流れ』

ちなみに、わたしたちの猫さんも元保護猫。
きょうだいではないのですが、もとから相性の良い二匹を迎え入れました。
仲良しとはいえ、ケンカはほぼ毎日笑。でも本気の噛みあいにはなりません。

トイレは2つ用意する

2匹いると、トイレのおしっこのあとを見つけても、どちらがしたのかわからない、ということがよくあります。

うちの猫さんの場合は、最初から2つトイレを設置していました。すると、それぞれ好みのトイレがあるとわかってきました。もし、1つしかなかったら、猫さんたちのストレスが大きくなったはず。

そして、いつどちらトイレをしたか排泄したのかを把握するため、記録ノートを取ることもおすすめします。

記録ノートを取ると、「丸2日便をしていない!」とか、ちょっとした異変も正確に把握でき、体調管理にとってもおすすめです。

記録ノートについては、こちらにくわしく書いています。『うちの猫、もしかして病気かも? 便と食欲と嘔吐に変化があったら、可能性大』

どちらかが長時間トイレをしなかった時…

わたしの家では、片方がしたトイレシートのおしっこの匂いなどを嗅がせます。

うちの猫さんは、オス同士ということもあってか、片方の猫さんがやってることをもう片方も競ってやってしまう、という流れがあります。

匂いを嗅がせて、トイレへうながすのは『競い合う性質』を利用した作戦です。

効果はあったりなかったりですが、改善策の一つとして、ダメ元でやってみては。

2匹を比べない

猫さんは、1匹1匹、本当に個性的。
2匹の猫さんを見ていて、性格ってこんなにも違うのか、と驚きます。

片方が賢くて、もう片方がどんくさかったら、「どうしてできないの?!」と、どんくさい子の方をつい責めたくなってしまうことも💦

うちの猫さんも、2匹の性格は正反対です。
シンプルにいうと、静と動。
この違いが、けっこう面倒くさい状況を作ったりします笑。

たとえば、朝ごはんにウエットフードをあげるのですが、『動』の子は、たいしておなかが減っていなくても、「早くくれくれ」と鳴き続けます。
一方、『静』の子は、じっと座ったまま。よっぽどお腹が空いたときだけ、ごはん皿の前にそっと座ります。
『静』の子があまりに動かないので、『動』の子のしつこい鳴き声でついウエットフードをあげてしまい、『静』の子はまったく食べない、ということが何度もありました。

そんなときは、「なんで食べないの!」と、きつく言ってしまいたくなりがちですが、『静』と『動』の違いに気づき、ウエットフードをあげるタイミングを、『静』の子に合わせてあげることで、この問題は解決しました。

こういう『違い』をおもしろがれるのも、2匹飼いの醍醐味です。

おわりに

2匹いると1匹の時より、当然のことながら費用も倍になります。
ごはん代やトイレシートなどの日常的なことから、ワクチン接種も2倍。

費用面で負担がかかることをきちんと覚悟して、家族になるかどうかを決めることも大事なポイントになります。

費用も倍ですが、喜びも倍です。

寄り添って寝る猫2匹の写真

2匹が寄り添っている姿を見たら、心の底から癒されます。たまらんです笑。

この記事が、2匹飼いを検討されている方のギモンや不安を少しでも取りのぞき、背中を押すことができたら、うれしいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント