【体験談】失敗しないグレイヘア移行期の乗り越え方

健康に暮らす

わたしは、20代の頃から白髪が急激に増え始め、30代からは2か月に1回は、白髪染めをしてきました。
白髪の量が多かったので、市販の白髪染めではうまく染まらず、美容院でやってもらうことに。
時間もお金も余分にかかって、正直しんどかった😖💦
でも、思い切ってグレイヘアにしてみよう!と思い立ち、実現させました!
その体験を書きたいと思います!

この記事は、
・白髪に悩んでいる人
・白髪染めをもうやめたいと思っている人
・グレイヘアにチャレンジしたい人
・グレイヘアの移行期について知りたい人
に、ぜひ読んでほしい内容となっています!

今までグレイヘアにできなかった要因とは?

わたしは、40代から「いつグレイヘアにするか?」をずっと考えていました。
が、なかなかふんぎりがつけられませんでした。
その原因は3つありました👇

①まだ白髪より黒髪の方が多かった

白髪は多いのですが、髪全体で見るとまだ黒髪の方が微妙に多かった…。
美容師さんに聞いてみると、「まだグレイヘアは早いですね」と言われ、自分でもそう納得しました。
髪のプロの美容師さんに、率直に答えてもらえて、よかったと思っています。

②カラースプレーで隠せる白髪の量だった

カラーリングをしてから数日たつと、伸びてきた白髪が目立ってきます。それを白髪用のカラースプレーで隠していました。それでなんとか白髪を隠せていたので、「まだグレイヘアは早いかな」と判断していました。
白髪隠しのアイテムは他にも、マスカラタイプやファンデーションタイプなどがありますが、わたしの場合はカラースプレーが一番使いやすかったです。
この👇『ビゲン カラースプレー』には大変お世話になりました🙇

③40代では、まだグレイヘアになる覚悟がつかなかった

グレイヘアになるのは、なかなか勇気がいるものです。だから、この「覚悟がつかなかった」というのが一番大きかったかもしれません。
20代から「白髪は隠すもの」として生きてきたので、隠してきた白髪をおおやけにする、グレイヘアは、水着で外を歩くのと同じくらいの気持ちなのです👙💦

グレイヘアに踏み切れたポイントとは?

それでも、いつかはグレイヘアにしよう!と思っていました。
というのも、白髪染めを続けるのは、心に負担をかけ続けることだからです。
なぜ心の負担になるかというと、白髪を染めても、長くて1週間、短いと3日くらいでもう白髪が目立ち始めるから。
きれいに染めても、たった数日で「あぁ、また染めに行かないと…」とため息をつく、ということの繰り返し、エンドレスなのです。
2週間に1回、美容院に通うことを楽しみにできる性格ならよかったのですが、わたしはそのタイプではありませんでした。
なので、あとは、自分が覚悟を決めるかどうかの問題だけだったのです。
そして、ついに踏み切れました!
グレイヘアに踏み切れたポイントは3つありました👇

①50才になったこと

今年50才になり、「もういいか!」という気持ちになれました。
グレイヘアを始めるのは、何歳でもいいと思いますが、わたしの場合は、「大台を超えたな~」と実感した50才がきっかけになりました。

②外出が少なかった、半年間があったこと

グレイヘアの移行期間で、一番つらいのが、白髪の長さが中途半端になることです。
わたしの場合は、ラッキーなことに、前回白髪染めをしてから、半年間、外出することが少なかったので、移行期間を乗り越えられました。
働いていないことや、出かけるイベントが急になくなったり、どうしても出かけないといけなかった時も、帽子をかぶれる状況だったことなど、白髪を隠せることができました。
もし、今、働いていない方は、移行するチャンスだと思います!

③白髪の量が増えたこと

これはもう単純に、加齢したおかげで、白髪が黒髪より増えました。カラースプレーでは隠せない白髪の量になってしまいました笑。
2週間ごとに美容院に通うか、もう白髪染めをやめるか、その選択をするタイムリミットがきたと心から感じました。
上記👆したことも重なって、白髪染めをやめる=グレイヘアにする を選んだのです。

どんなグレイヘアにするかを決める

グレイヘアにすると決めてから、自分が似あう髪型を真剣に考えました。
『50代 グレイヘア ボブ 前髪アリ』などとキーワードを入れて、画像検索し、いろいろ見て、探しました。
わたしは、半年間伸びっぱなしにしてきたことや、心機一転という気持ちもあり、ショートカットに絞って探すことに。
検索で、素敵なショートカットの方を見つけたので、スマホでスクリーンショットし、その画像を美容師さんに見せて切ってもらいました。
美容院も、ショートカットが得意な美容師さんがいる店を選びました。
美容院のホームページやインスタ、ホットペッパービューティーなどに、美容師さんの得意分野情報が載っているので、それを参考にしました。

わたし
わたし

ショートカットが得意な美容師さんに切ってもらったら、本当に持って行った写真通りにしてくれました✨
これは大正解でした!

髪の毛の色は、白髪の『白』と、黒髪の『黒』と、カラーリングしていた時の『茶色』の3色になっています。が、カットがいいので、3色髪も個性的で良いな~と気に入ってます。

①自分に合う髪型を画像検索した
②自分がするヘアスタイルが得意な美容師さんに切ってもらった

グレイヘアにして、気をつけていること

グレイヘアになって、まだ日が浅いですが、とても気をつけていることがあります。それは、
みすぼらしくならないこと。
そのためにやっていることがあります👇

①背筋を伸ばすこと
②清潔にすること

上記のこと👆は、今までも気をつけていましたが、グレイヘアになってからは、めちゃくちゃ意識するようになりました。
なぜかというと、グレイヘアに対して、ネガティブなイメージが根強いからです。

グレイヘアへのネガティブなイメージに対する心構え

ネットで『グレイヘア』と検索すると、関連ワードで『気持ち悪い』と出てきてびっくりしました。
その記事を読んでみると、グレイヘアに対してのネガティブな意見が書かれていました。

確かに、急に老け込んだ姿を見せると、相手を暗い気持ちにさせてしまうということはあると思います。
だからこそ、背筋を伸ばして、身ぎれいにして、堂々と立ち振る舞うことが大切かなと思っています。
相手を不快にさせないためにも、「グレイヘアにすると決めたのは自分なんだ」と自信をもち続け、前を向いて生きていこうと思っています。

グレイヘアになって、一番よかったこと

グレイヘアを実行し終わったとき、一番強く思ったのは、「もう染めなくていいんだ!」ということ。
「白髪を隠さなくていいんだ!」という解放感が、心をラクにしてくれました。

この記事が、グレイヘアで悩んでいる方の気持ちを少しでも軽くできたら、嬉しいです!

わたし
わたし

まだ、グレイヘア初心者なので、また何か気がついたことがあったら、記事にしていきます!

わたし
わたし

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント