空腹のまぎらわせ方とは? ある動画を見るだけです!【ダイエット】【16時間ダイエット】

空腹のまぎらわせ方サムネ画像健康に暮らす

空腹を味方につけて、マイナス5㎏

わたしは、16時間ダイエットをもう4年以上続けています合計5㎏ほど、体重を減らしました

16時間ダイエットとは、一日のうち、8時間は食べてOKで、あとの16時間は何も食べない、というプチ断食ダイエットです。

痩せにくくなってきた40代の中ごろからはじめて、現在も続け、今も少しずつ体重は落ちています。やっぱり16時間ダイエットは最強です。

食べる量はそんなに減らしておらず、好きなモノを食べているので、その点ではストレスはないのですが、食べられない16時間は、普通におなかがすきます💦

お菓子に手が伸びそうになるのを止めるのは、気合だけでは正直ムリです。我慢できません。

そんなわたしの空腹のまぎらわせ方とは……それは、大食いの人の動画を見ること、です!

大食いYouTuberさんが、代わりに食べてくれる

もともと大食い系YouTuberさんの動画がシンプルに好きで見ていたのですが、見続けていると、なぜか自分の気持ちが満たされていることに気がつきました。なんでだろう?と考えて出た答えが、

『大食いYouTuberさんが、わたしの代わりに食べてくれている』

でした(笑) 

なぜ、そう思ったかというと、以前読んだ本に、『実際に筋トレしなくても、頭の中で筋トレを想像するだけで、実際に筋トレしたときの60%くらいの筋肉量がついた』というようなことが書いてあったのを思い出したから。(うろ覚えなので、数字は間違っているかもしれません)

わたしは大食いしている人を見ながら、頭の中で自分が食べている想像をして、本当に食べた気になっている、だから満足している、という結論に達したのです✨

あくまでも個人的な見解ですが、実際にこの方法で空腹はだいぶんまぎらわせられています。

注意したいのが、美味しそうな料理だけを見るのは逆効果になるということ!『飯テロ』という言葉があるとおり、料理だけだと、食べたい気持ちが強くなります

大事なのは、美味しそうな料理を誰かが食べてくれている、ということ! 『食べてくれている』から見ているこちらは『満足できる』のです! 

美味しそうな料理の動画ではなく、それを誰かが『食べてくれている』動画を見ましょう!

おすすめの大食い系YouTuberさん

①もぐもぐさくら さん

ハートのサングラスがトレードマークのさくらさん。痩せたからだで、美味しそうにたくさん食べる姿がすがすがしいです! 飲食店を応援する企画もしていて、そういうところもいいな~と思う素敵なYouTuberさんです✨

もぐもぐさくら
酒のツマミにデカ盛り🍺え? 大食いドッキリも大好き(笑)  ●公式グッズ● ーーーーーーーーーーーーーー コラボのお誘い大歓迎! インスタにDMお願いします😚

②正司優子 さん

年齢が40代なのに、めちゃくちゃ食べます。山口県在住で、方言が出る話しぶりも面白く、とにかく元気がもらえます! ライブ配信もよくされていて、見ると、落ち込んでいても、暗い気分がどっかへ行ってしまうくらい明るいです✨

正司優子YukoShoji
3代目爆食女王の正司優子です! youtubeのことはよく分かりませんが 食べることとかおもしろいことやっていこ~と思います! ツイッターもやってま~す!! チャンネル登録っていうのよろしくお願いします(*´∀`*) 問い合わせはツイッターかメールでお願いします!

③スイーツチャンネル あんみつ さん

あんみつさんは、大食いではないのですが、『限界まで食べる』と言って、美味しいそうにたくさん食べる感じが好感度が高いです! 本当に食べることが好きなんだな~と伝わってきます! そして、食べ方がきれいなのもいいです✨

スイーツちゃんねる あんみつ Sweets Channel Anmitsu
スイーツ大好き、甘党あんみつが、ASMR咀嚼音の音フェチ動画/外食動画/新商品紹介/限界食い/食べ放題/素人プチ大食いなどの動画を投稿しています!好奇心のままに食べたいだけ食べる!家動画のほか、東京都内のお店を中心に、最新情報/グルメ/食レポ/飲食店紹介しながら、食べる楽しさをお伝えしていきます! *あんみつの紹介...
わたし
わたし

みなさん心から美味しそうにして、たくさん食べてくれるので、見ていて、本当に気持ちがいいです!

まとめ

以上が、わたしの空腹のまぎらわせ方でした!

これから16時間ダイエットをしてみようと思っている方や、空腹をやりすごしたい方のお役に立てれば、うれしいです!

16時間ダイエットについては、こちらの記事にくわしく書いていますので、よかったらご覧ください👇(大食い動画を見ることについても少し書いています)

わたし
わたし

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント