生理2日目に、コロナワクチン接種してきた!【体験談】【コロナワクチン副反応】【生理中のワクチン接種】

生理中のワクチン接種記事のサムネ画像健康に暮らす

この記事は、こんな方に向けて書いています。

・コロナワクチン接種の日に生理がくるかもしれない、と不安に思っている女性の方
・実際に生理中にコロナワクチンを接種した女性の方
わたし
わたし

あくまでも、わたし個人の体験談なのですが、この記事があなたの不安を、少しでも小さくするきっかけになれば、うれしいです!

最初に、結果をお伝えしますと……

1回目のワクチン接種を生理2日目に受けた、その結果は、

普段飲んでいる生理痛の薬を、普段通りに飲んで、接種しましたが、
特に変わったことはありませんでした。
副反応は、接種翌日に37度台がでたことと、腕がすごく痛かったことくらいで、ごく一般的でした。
ちなみに、ワクチンはモデルナ製です。
わたし
わたし

くわしい副反応については、あとに書いています!

なぜ、生理の日を回避できなかったのか?

わたし自身の、接種までの流れを説明します

わたしの状況は⇒【関西在住】【49才】【無職】【基礎疾患なし】
・接種券が7月ごろに、自宅に郵送で送られてきた
↓↓↓
・ラインで公式アカウントに登録し、『集団接種』を希望し、接種会場の地区を選ぶ
(ライン以外にも、インターネットでの案内や、電話、FAXでの案内もありました)
↓↓↓
・何もせず、待機
↓↓↓
・8月後半、携帯に電話がかかってきて、集団接種の日時と会場を告げられる
↓↓↓
・その日時に会場に行き、接種を受けた

接種日を変更したら、次にいつ受けられるかわからない……

電話がかかってきたのは、接種予定日の2日前でした。
その時は、もう生理前の腹痛が始まっていたので、日にちの変更を言おうかと迷いましたが、
ここで接種日を変更したら、次にいつうけられるかわからないと思い、そのままの日時で行くことに決めました。

すると、予期した通り、接種の前日に生理がきて、一番しんどい2日目が接種の当日になってしまいました💦

一番迷ったのは、接種当日に鎮痛剤を飲んでもいいのか? ということ

結果は、上でも書いた通り、飲んでも大丈夫でした。
いつもの鎮痛剤を、いつも通り飲んでから会場に向かい、ワクチンを打ってもらいました。

鎮痛剤を我慢して、会場で生理痛で体調が悪くなる方が良くないので、そういう判断をしました。

副反応は、ごく一般的でした

接種当日  ⇒ 少し腕が痛いくらい
接種翌日  ⇒ 微熱(37度)が続き、頭クラクラ。腕は少し動かしても痛い状態
接種2日目 ⇒ 微熱(36度後半)が続いた、腕はだいぶん動くようになった
わたし
わたし

普段の平熱が、35度台なので、36度でも少ししんどかったです💦

それと、副反応のしんどさなのか、生理痛のしんどさなのかがわからないときがありました💦
そういうときは、何も考えずに寝ました🍀

まとめ

とにかくわたしは、生理中にワクチン接種を受けても、一般的な副反応がきただけで、大丈夫でした!

わたし
わたし

たった1つの体験談ですが、これからワクチンを接種するあなたが、この記事を読んで、少しでも安心してもらえたら、うれしいです!

そして、わたしと同じように 生理中に接種せざるをえなかったあなたには、あの『どうにもならない気持ち』を共有できれば、うれしいです!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント