ブックレビュー

ブックレビュー

『ヒキコモリの法則』ひきこもりで稼げたら、生理も高齢もコロナも怖くない! 新しい働き方がここにある!【読書感想】

『ヒキコモリの法則』八木さや[著]廣済堂出版 本の大まかな内容 著者は、結婚式を挙げるために訪れた、長崎県の離島、壱岐島(いきのしま)で、偶然見かけた家が気に入り、その10ヵ月後には移住してしまう。しかも、夫と別居して、一人で...
2022.02.04
ブックレビュー

『対岸の家事』たかが家事だと、あなどらないで。限界がくる前に「助けて」と言える世の中にするには?【読書記録】

『対岸の家事』朱野帰子[著]講談社文庫 こんな方におすすめ ◎『家事』について、少しでも悩んだり、もやもやしたことがある方◎子育て真っ最中の方◎自分が子供の頃、家事をしなかった方、手伝わなかった方 『家事』を『他人事』では...
2022.05.24
ブックレビュー

『戦場のコックたち』ミステリーとリアルな戦場描写に惹きこまれ、最後に落涙。最上級の読書体験しました【読書記録】

『戦場のコックたち』深緑野分[著]創元推理文庫 本の大まかな内容 19歳のティムは、戦闘に参加しながら、コックの仕事もこなす、合衆国の特技兵、戦場のコックだった。いつも冷静な、眼鏡のエドをはじめ、個性豊かな仲間たちと支え合いな...
ブックレビュー

『ワニの町へ来たスパイ』こんなおばあちゃんに会いたかった!凄腕スパイと老婦人の名トリオから目が離せない【読書記録】

『ワニの町へ来たスパイ』ジャナ・デリオン[著]島村浩子[訳]創元推理文庫 本の大まかな内容 若くて美しく、凄腕でもあるCIAの秘密工作員のレディング(通称フォーチュン)は、潜入任務で派手に暴れたせいで、狙われる身となってしまい...
ブックレビュー

『日本文学秀作選 宮本輝編 魂がふるえるとき』名作家たちの隠れた名短編に出会える文庫本!【書評】

『心に残る物語 日本文学秀作選 魂がふるえるとき』宮本輝編 文春文庫 本の大まかな内容 作家・宮本輝が推し短編小説を16編セレクト。開高健から始まり、川端康成、幸田露伴、泉鏡花などなど、大作家がのこした隠れた名短編を集結させた...
ブックレビュー

山田詠美[著]『晩年の子供』どうして今まで読まなかったのか。後悔するほど面白かった本【読書記録】

『晩年の子供』山田詠美[著]講談社文庫 本の大まかな内容 犬にかまれたのに、犬をかばってかまれたことを誰にも言わず、狂犬病で死ぬことを覚悟する女の子、運命に逆らわないことを決めて、悟ったように飄々と生きる女の子など、どこか少し...
ブックレビュー

『グラッサー博士の選択理論』「選択理論」って何? それは「幸せな人生」を選択する心理学です!

『グラッサー博士の選択理論 幸せな人間関係を築くために』ウィリアム・グラッサー[著]アチーブメント出版 本の大まかな内容 この世界は、相手を自分の思い通りにさせようとする『外的コントロール心理学』が蔓延している。虐待やDV、非...
ブックレビュー

耳読書を4年続けているわたしが本音で語る、オーディオブックの使い心地とおすすめ理由とは?

わたし 数あるオーディオブックの中でも、audiobook.jpを4年間使い続けているわたしが、使う理由やメリットデメリットを書きつくします! 結論 ⇒ ネット環境を気にせず使いたいなら、月額定額プランで単品買いがおすすめ! ...
2022.01.14
ブックレビュー

【2021年ベスト】今年読んで特によかった本 おすすめ6選

2021年に読んだ本はトータル 83冊。この中から、特によかった本を6冊選び、部門ごとに分けてみました!『人生を変えてくれた本』『一番泣いた本』『一番夢中になって読んだ本」などなど! 個人的に、インパクトが大きかった本たちです! ...
ブックレビュー

村上春樹翻訳『愛について語るときに我々の語ること』レイモンド・カーヴァーの小説を初めて読んでみた【感想】【読書記録】

『愛について語るときに我々の語ること』レイモンド・カーヴァー[著]村上春樹[訳]中央公論新社 本の大まかな内容 アメリカの小説家、レイモンド・カーヴァーの短編集。村上春樹の翻訳ライブラリーの中の一冊。 感想 ...
スポンサーリンク