『ずる』 悪い奴だけじゃなく、誰でもやってしまう「不正」の正体とは?【行動経済学の本】【書評】

ブックレビュー

『ずる 嘘とごまかしの行動経済学』ダン・アリエリー著 ハヤカワ文庫NF

本の大まかな内容

世間を騒がすような大企業の「不正」はどうして起こるのだろう? というギモンを持った著者が、
さまざまな実験を積み重ねて、その正体を解き明かしていく。
行動経済学の第一人者が考える、誰もがやってしまう「ずる」の仕組みや防止策とは? 

この本から、吸収できること
「不正」や「ずる」は、身近にあって、誰でもやってしまうもの。
その正体を知ることで、未然に防ぐ対策法も得られました!!
こんな方におすすめ!
◎「行動経済学」について、知りたい方
◎世の中の「不正」がなぜ起こるのか、知りたい方
◎偽ブランドのモノを持っている方、買おうとしている方
わたし
わたし

「不正」なんて、遠い世界の話でしょ、と思っていたけど、全然違った~めちゃくちゃ身近だった~
という、驚きの連続でした😲💦

「不正」の根幹にある『希望的盲目』

著者が「不正」に興味を持ったのは、ジョンという男性との出会いからでした。
話していくうちに、ジョンが、エンロンという会社のコンサルタントをしていたと知ります。

エンロンとは、2001年に巨額の粉飾決算が発覚し倒産した、アメリカの総合エネルギー会社。

そのエンロンでずっと働いていたジョンは、言いました👇👇

・社内で邪悪なことが起こっていたことにまったく気がつかなかった。
・エンロンは、革新的ないい会社だと思っていた。
・でも、事実が発覚したあとは、どうしてそれまで兆候を見落としていたのか、自分でも信じられない。
・そして、この「不正」は、経営トップたち大悪党が引き起こした事件というよりも、『希望的盲目』だった。

それを聞いた著者は、こう思います👇👇

もちろん、ジョンを始めエンロンの関係者全員が、心底腐敗していたということも、可能性としてはある。しかしわたしはこう考えるようになった。ひょっとすると、ここでは違う種類の不正が行われていたのかもしれない。それは希望的盲目に近いもので、ジョンやあなたやわたしのような、ふつうの人たちが行うような不正だ。

「ずる 嘘とごまかしの行動経済学」 ダン・エリアリー著 櫻井裕子訳 ハヤカワ・ノンフィクション文庫 11ページ
ふつうの人が行う「不正」とは、たとえば👇👇
・大事な約束に遅刻しそうだ
   ↓↓↓
・駐車場が見つからない
   ↓↓↓
・違法駐車してしまえ   みたいなこと💦

人を「不正」に向かわせる本当の力を明らかにし、この正しい理解をもとに「不正」を減らしていこう、というのが、この本のねらいだと、著者は書いています。

人は、どうやって「ずる」するのか?

著者たちは、「不正」の正体解明のためにまず、このような実験を行いました。

協力者に数字探しのテストを受けてもらい、正解の分だけ報酬を与える、という実験です。
同じテストですが、報酬の受け取り方が2種類あります。

①ごまかしのチャンスがないもの(協力者は、実験者に答え合わせをしてもらい、報酬をもらえる)
②ごまかしのチャンスがあるもの(協力者は、正答数を自分で数え、用紙を破棄して、成績を申告し報酬をもらえる)

平均正答数は? ⇒ ごまかせない①は、20問中4問
          ごまかせる②は、20問中6問
.
結果 ⇒ ごまかしができる②の状況にいた大多数の人が、ちょっとだけ水増しをした
わたし
わたし

この結果は、ショックでした…😨
でももし、自分が②の状況にいたら、ごまかすのかな??

人は、本当に「奥深い」

上記の水増しの結果を見ると、人間って、すきあらば「ずる」してやろうと思っているのか…と悲しくなってしまいそうですが、下記の実験の結果は、少し様相をみせました。

同じ数字探しのテストを受けてもらうのですが、テスト監督者に、目が不自由な人を置き、
見つかる確率を減らしたら、もっと「ずる」をするのか?
.
水増しが増えると予想されたが、結果は
   ⇒ 正答率は、前のテストと変わらなかった でした。

この結果の裏づけのために、著者たちは、市場でも実験をすることに👇👇

目が不自由な人と健常者、それぞれが別々に市場に行き、
「トマトを2キロ用意しておいてください。10分後で取りに来ます」という買い物をする。
.
目の不自由な客の方に、見栄えの悪いトマトを入れるのでは、と予想されたが、結果は
   ⇒ 健常者の客よりも、質の高いトマトが入っていた。

つまり売り手はわざわざ労をとって、またいくらかの売り上げを犠牲にしてまで、目の不自由な顧客のために、より高い品質の農産物を選んでくれたのだ。

「ずる 嘘とごまかしの行動経済学」 ダン・エリアリー著 櫻井裕子訳 ハヤカワ・ノンフィクション文庫 36ページ

著者たちは、タクシードライバーに対しても、市場と似たような実験をしたが、同じ結果が出ました。

これらの実験結果から、「すごく奥深いことが起きている」と著者は考えました。それは👇👇

・チャンスを与えられると大勢の人がほんのちょっとだけ「ごまかす」
・でも、見つかる確率が低くても、単純に「得しよう」とはしない

そんな相反する思いを持つわたしたちの行動とはなんだろう? と、このあともたくさんの実験を行い、探ってきます。

わたし
わたし

その実験がどれも面白い!! 費用も時間もアイデアも必要な、絶妙な実験をたくさんしてくれて、ありがとうって、言いたいです😂✨ 

『行動経済学』のブックレビューは、こちらもあります👇👇👇

『経済は感情で動く』「行動経済学」って、こんなに面白いんだ!と気づかせてくれる名著
『経済は感情で動く』マッテオ・モッテルリーニ[著]紀伊国屋書店この本から、得られること! お金を守り、踊らされない心をつくる知識本の大まかな内容あきらかに損をするのに、「感情」はそちらを選んでしまう……どうして??そん...

特に、興味深かった実験

そのほかにも、興味深かった実験は、下記の2つでした。

・実験の際に記入する用紙の署名を、最初に書くか、最後に書くかで、ごまかしする率が変わった
  ⇒結果は、最初に書く方がごまかしが少なかった!
・偽物だと知って、ブランド品を持つ
  ⇒本物のブランドを持った人より、倍以上のごまかしをした!!
わたし
わたし

特に、偽ブランドの実験は、ゾッとしました😨

自分は関係ないと思っていたけど、「不正」はずっと身近なところに隠れてることを知ることができ、
そして、『署名を最初に書く』などの防止策も学べて、本当に勉強になる一冊でした!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント