『経済は感情で動く』「行動経済学」って、こんなに面白いんだ!と気づかせてくれる名著

経済は感情で動くサムネ画像ブックレビュー

『経済は感情で動く』マッテオ・モッテルリーニ[著]紀伊国屋書店

この本から、得られること! 
お金を守り、踊らされない心をつくる知識

本の大まかな内容

あきらかに損をするのに、「感情」はそちらを選んでしまう……どうして??
そんな人間の不可思議を説明してくれる「行動経済学」。
シンプルな問いに答えていくうちに、「行動経済学」の面白さにハマってしまう、入門書の名著。

こんな方におすすめ!

◎「行動経済学」がどんなものか知りたい方
◎かしこくお金を使いたい方
◎人の心の動きに興味がある方、心理学が好きな方

わたし
わたし

「経済学」をまったく知らないわたしでも、わかりやすくて、とても勉強になりました!

感情のせいで、将来の利益を考えられなくなる

問15(二者択一)

 たとえばスキー旅行の予約をした。あなたはばかにならない金額をすでに払いこんでいる。しかし当日は寒くて風も強く、雪が降っていた。家を一歩も出なくないのに、もうお金は払ってしまっている。

 さてどうしますか?

 1 スキーに行きますか。

 2 それとも温かい家で過ごしますか。

『経済は感情で動く はじめての行動経済学』マッテオ・モッテルリーニ著 泉典子訳 紀伊国屋書店 62ページ

本書では、こういう問いがたびたび出されます。
一見シンプルだけど、「ちょっと待てよ」と考え込んでしまうような、絶妙な問いばかり。

正しい答えがあるわけではなく、多く選ばれたのはどちらか? その理由は? というような分析が書かれていきます。
数字で示され、信用性が高くわかりやすい解説に、思わずうんうんとうなづきまくりでした!

ちなみに、上の引用の問いには、続きがあります。

問16(二者択一)

 問15と状況はほぼ同じだが、一つだけ違いがあって、スキー旅行の予約はプレゼントだったとする。

 さてどうしますか?

 1 スキー旅行に行きますか。

 2 それとも温かい家で過ごしますか。

『経済は感情で動く はじめての行動経済学』マッテオ・モッテルリーニ著 泉典子訳 紀伊国屋書店 62ページ
この2つの問いは、こういう結果でした👇👇
問15 ⇒ 多くの人が1を選んだ(自腹なら行く)
問16 ⇒ 多くの人が2を選んだ(自腹じゃないなら行かない)

これは、使ったお金に目をつぶることができない心理「使ってしまったお金というトリック」。
すでにした投資のほうに気をとられ、肝心な『将来の利益』を考えられなくなるのだそうです。

わたし
わたし

「もったいないから」と悪天候の中、むりやり外出しても、身に危険がおよんだりしたら、そっちの方が大損😨💦

この落とし穴の小さな秘策👇👇
「家で温まっていられるなら、いくら払っても惜しくない」と考えること!
すでに払ってしまったお金を、損失ではなく利益に換算してみるといい!  のだそうです!!

「今では常識」がたくさん書かれている! この本の大きな影響力

経済学のことを全然知らないわたしでも、書かれていた内容で、知っていたことが何コかありました。

たとえば
🔶同じ質問を、否定的に訊くか、肯定的に訊くかで、答えが変わってくる
🔶「10%」より「10人に1人」の方が、人の感情を揺さぶる  など
わたし
わたし

コロナのニュースも、「死亡率何%」より「何人死亡した」と言われる方がインパクトありましたよね😨💦

本書が日本で出版されたのは、今から13年前の2008年。

当初はまだ「学問の聖域」だけで知られていたことが、今では世間一般の常識になっているということは、本書の影響力というのは大きかったんだろうな、と感じました。

わたし
わたし

本書を最近読んだわたしが言うのもなんですが、新しい本を読んで、最新情報を知ることの重要性もすごく感じました💡✨

覚えておきたい市場のワナ

何もギモンに思わず、まんまと市場のワナにハマっていたことも、気づかされました。

たとえば👇👇

アウトレットストア = 年中安売り ⇒ お買得な気分 ⇒ たくさん買う
「使用後、返品OK。お値段も無料」= 「自分のもの」になったら、人は2倍以上の価値をつける ⇒ お客はめったに返品しない(と業者は知っている)

この2つも、すでにご存じだという方も多いかもしれません。

知っていた方も知らなかった方も、もう一度肝に銘じて、買おうと思った商品が、本当に欲しいものなのかを考えてから、購入するかしないかを決めたいですね!

わたし
わたし

惑わされない買い物をするための、知識満載です!

『行動経済学』のブックレビューは、こちらもあります👇👇👇

『ずる』 悪い奴だけじゃなく、誰でもやってしまう「不正」の正体とは?【行動経済学の本】【書評】
『ずる 嘘とごまかしの行動経済学』ダン・アリエリー著 ハヤカワ文庫NF本の大まかな内容世間を騒がすような大企業の「不正」はどうして起こるのだろう? というギモンを持った著者が、さまざまな実験を積み重ねて、その正体を解き明か...

まとめ

一見難しそうな「行動経済学」という学問を、シンプルな『問い』や『実験』のデータを使って、一般の人たちにもわかりやすく伝えてくれた本書の存在は、本当に大きかったんだな~と感じました。

こういう知識を知っているかいないかで、生活の質が変わると思います!

これからも積極的に、いろいろな「経済学」の本、その他の「学問」の本を読んでいきたいと、思いました!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント