ブックレビュー

【ブックレビュー】『断髪女中』近年再評価されている獅子文六の短編集、読んでみた

『断髪女中 獅子文六短篇集 モダンガール篇』獅子文六[著]山崎まどか[編]ちくま文庫 本の大まかな内容と感想 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b=...
ブックレビュー

【ブックレビュー】『常識のない喫茶店』接客業やジェンダー問題にも希望を感じた本

『常識のない喫茶店』僕のマリ[著]柏書房 本の大まかな内容 その小さな喫茶店は、世間の常識など通用しない。不快なことや許せない行為をする客は出禁にしてOKだ。客が店を選ぶように、店だって客を選ぶ。喫茶店として「いい空間...
ブックレビュー

【おすすめ文庫】『戦地の図書館』本を愛するすべての人に読んでほしい、心震えるノンフィクション

『戦地の図書館 海を越えた一億四千万冊』モリ―・グプティル・マニング[著]松尾恭子[訳]創元ライブラリ 本の大まかな内容 ナチス・ドイツは、1933年から、“非ドイツ的”な書籍を消滅するため、焚書(書籍を焼き捨てること)を実行...
ブックレビュー

大好きな人がうつ病になったので『ツレがうつになりまして。』シリーズ読んでみた【おすすめ本】

『ツレがうつになりまして。』『その後のツレがうつになりまして。』『7年目のツレがうつになりまして。』 細川貂々[著]幻冬舎文庫『ツレと貂々、うつの先生に会いに行く』細川貂々、大野裕[著]朝日文庫 本の大まかな内容 ...
ブックレビュー

【ブックレビュー】『より少ない生き方 ものを手放して豊かになる』ミニマリズムとは、夢破れた人の最後の希望

『より少ない生き方 ものを手放して豊かになる』ジョシュア・ベッカー[著]桜田直美[訳]かんき出版 本の大まかな内容 貴重な時間を、大量のモノを片づけることに奪われているとはたと気がついた著者は、ミニマリストになることを...
健康に暮らす

【体験談】乳がん検診の結果『精密検査が必要』と通知が来ました…

この記事は、わたしが乳がん検診の結果が『精密検査が必要』という診断を受けたときの、実体験です。 同じような状況で、不安を抱えている方に、わたしの経験が少しでも役に立てば、嬉しいです。 2年に1度の、いつも通りの乳がん検診 ...
ブックレビュー

【ブックレビュー】【文庫本おすすめ】『女が死ぬ』一度読んだらクセになる、ほどよいフェミニズム小説とは?

『女が死ぬ』松田青子[著]中公文庫 どんな本? おおまかな内容 少年型というだけで毛嫌いされるロボット、ある共通項をもつセクシー美女たちの懇親会、これからは「男性らしさ」の時代という世界……だれもが無意識に持っている違...
ブックレビュー

【ブックレビュー】『読書会という幸福』読書会とは?やり方とは?読書会に行きたくなる本!

『読書会という幸福』向井和美[著]岩波新書 本の大まかな内容 子供の頃、ケンカばかりの両親がいる現実から逃れるために、本の世界にのめり込んでいった著者。その後も、一人で読み続けて、翻訳家を目指すようになる。翻訳の師匠に...
ブックレビュー

【ブックレビュー】【おすすめ海外小説】『ずっとお城で暮らしてる』怖いのが苦手でも惹きこまれるホラー小説!

『ずっとお城で暮らしてる』シャーリイ・ジャクスン[著]市田泉[訳]創元推理文庫 あらすじ 18才のメアリ・キャサリン・ブラックウッド(通称メリキャット)は、10歳年の離れた姉、コンスタンスと、伯父のジュリアンと暮らして...
ブックレビュー

【ブックレビュー】『21世紀の世界文学30冊を読む』翻訳家がおすすめする、近代海外文学とは?

『21世紀の世界文学30冊を読む』都甲幸治[著]新潮社 どんな内容? 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』『勝手に生きろ!』など、人気小説を多数翻訳してきた著者が、21世紀の世界文学の情報を集められるだけ集め、インタビ...
スポンサーリンク